古銭買取業者に買い取ってもらえる古銭の種類とは

古銭買取業者に買い取ってもらえる古銭の種類とは

希少価値の高い大判・小判などの古金銀、穴銭・絵銭などの古銭、古紙幣、近代銭は高値で売買されます。

 

穴銭ですと、例えば江戸時代の代表的な通貨、「寛永通宝」では、大きく1659年までに作られた古寛永と1668年以降に作られた新寛永に分けられます。古寛永の方が数が少なく、このような希少価値の高い古銭であれば高額なものになります。

 

古金銀で代表的なものは大判・小判ですね。
大判は安土桃山時代〜江戸時代にかけて作られ、古い順に、天正大判金、慶長大判金、元禄大判、享保大判金、天保大判金、万延大判金があります。
大判で特に価値があるものは、秀吉が作らせた天正菱大判金で6枚しか現存せず価値は一枚数千万になります。

 

小判で最も高値で取引されているのは、元禄小判です。
実は元禄小判は56.4%と金品位こそ、享保小判(86.1%)、宝永小判(83.4%)より低いのですが、小判の価値は金の含有量ではなく希少性で決まるからです。
古金銀については、このように金銀の品位の高低ではなく骨董的な価値が評価されます。

 

絵銭は、江戸時代、玩具や、宮銭・信仰銭・供養銭 、土産物などとして作られましたもので、一見おもちゃのようでも意外と価値があるものが含まれますので要注意ですよ。

 

近代銭の価値の高いもので代表的な、明治時代に発行された旧金貨には、一圓金貨幣、二圓金貨幣、五圓金貨幣、十圓金貨幣、二十圓金貨幣、があります。
明治30年から、昭和7年までに発行された新金貨には、五圓金貨幣、十圓金貨幣、二十圓金貨幣があります。
年代が古く鋳造数が少ない、新金貨よりも旧金貨のほうが価値が高いです。

 

明治・大正・昭和初期の古紙幣、軍票、聖徳太子千円札、聖徳太子百円札、エラー印刷紙幣やゾロ目番号の紙幣などは、折り目やシワなどの状態により価格が大きく変動します。

 

近代銭では、製造過程のミスで出来てしまったエラー銭もコレクターが多くものによっては高い価値がつきます。5円や50円硬貨の、穴無し、穴ずれ、極印デザインの、ずれ打ち、ずれエラー、などです。それと、発行年により極端に鋳造数が少ないものがあり、例えば昭和62年発行の50円硬化は珍しいです。

 

近代銭もそうですが、ケースに入っているものや付属品、鑑定書がつく場合は近代銭・古紙幣・古金銀・大判・小判・穴銭・絵銭を問わず一緒にそれらも持ち込みますと単体で持ち込むより高額買取に繋がる事があります。

 

持ち込む際、汚れているので、古銭を磨いてから持っていくのはやめましょう。
一見いいことのように見えますが、磨いたことによってダメージを与えてしまうケースがあるからです。