古銭買取における出張査定のメリット・デメリット

古銭買取における出張査定のメリット・デメリット

古銭買取は実際に店舗まで行って査定してもらう方法もありますが、出張査定を行っている業者も現在では多数存在しています。
出張査定を依頼するメリットは、わざわざ店舗まで行く必要がないという事です。
どれだけ価値があるものなのか分からないから持ち歩きたくない、わざわざ店舗まで行くのは面倒だと感じている人にも十分満足してもらう事ができる仕組みとなっています。
これが出張買取を依頼する大きなメリットです。

 

しかし物事にはメリットもあればデメリットもあります。
正しく利用する為にはメリットだけでなくしっかりとデメリットの方も理解しておかなければいけません。
では実際に古銭買取で出張査定してもらう場合のデメリットとは一体どういう物でしょうか。

 

一つは一つの業者に依頼することになるので、他店との比較がしづらいという事です。
古銭買取を利用する場合、その店舗によっても買い取り価格は大きく違います。
実際には各店をよく比較検討してどこの業者に依頼するかを決める方法が最も高額買取を期待できる方法だと言っても良いでしょう。
しかし出張査定の場合は何社にも同時に査定を依頼するのではなく、気になったところ一社に依頼するのが一般的となっており、その結果を見て他の業者と比較することはなかなかできません。
その為、他店がどうなっているかを知らない状態のまま結局は出張買取に来てくれた業者に買い取ってもらう事になる場合も多々あります。

 

もう一つのデメリットはキャンセルがしづらいという事です。
出張査定自体のキャンセルをしてはいけないというルールはありませんが、なかなか断れないという人も珍しくありません。
ただまだ出張査定をしてもらっていない場合は電話などでキャンセルをする事は可能です。
しかし実際に査定をしてもらって買取を決めた後はなかなかキャンセルができません。
だから数日後にやはり買取をやめたいからキャンセルさせてもらいたいといっても、既にその古銭が売れてしまっている場合は自分の手元に戻すことはできません。
また実際に買取をしてもらうのをキャンセルした場合、もう1回査定を依頼することはできますが、前回と同じ査定額になるとは限らない事も知っておきましょう。

 

実際に古銭買取で出張買取を利用する場合は、こういったメリット・デメリットがある事を理解しておく必要があります。
それを理解した上で依頼すればそれ程トラブルも起きず、さらに自分自身が納得した状態で買取をしてもらいやすくなります。

古銭の買取を検討しているならココ!高額査定が出る厳選3社